車査定

事故車・故障車・修復歴あり車の買取りの場合、しっかりと方法を厳選しておかなければ高額買取を実現することが出来ません。

一般的な状態の車であれば、大手の中古車買取業者などを利用して査定を受けるだけでもある程度は高い評価を得られる可能性もありますが、事故車・故障車・修復歴あり車の場合は方法次第では「買取不可」と判断されてしまうことも少なくない為、まずは「どのような方法であれば事故車・故障車・修復歴あり車でも高く売れるのかと言うことをしっかりと予習しておきましょう。

例えば、事故車・故障車の状態のくるまであれば「廃車専門の業者、もしくは廃車買取に強い業者」を利用することで高額売却の可能性が高まります。
一般的な業者の場合、仕入れた車(商品)を直したうえで中古車として販売することを目指しています。

つまり、「車として使用できる状況である」と言うことが非常に重視しされるので、「車としての価値があるかどうか」が査定に大きく影響してきます。

事故車・故障車などの場合、「そのままでは使用することが出来ない状態、車として使用できる状況にするまでには膨大なメンテナンスコストが必要になる」という状況になることが多くなってしまうため、買取業者は「販売できるまでのコストを考慮すると、実際にお金を払って仕入れられる商品では無い」と判断しやすくなります。

その為、中古車として販売することを目的として無い買取業者、要は「廃車の活用方法をしっかりと理解していて、尚且つ販路を確保できている業者」に査定を依頼した方が得策になる訳です。

一般的な業者でも廃車などを取り扱っているところはもちろんあります。
しかし、そのような業者を利用したとしても必ずしも正当な評価を得られるかどうかは確実では無い為、最初からそういった商品の取り扱い方法を熟知している業者を選んで査定をしてもらうことで評価アップが期待できます。

一般的な業者と廃車専門の業者との違いは事項で紹介するとして、まずは「廃車を高く売る為に必要なこと」について簡単な紹介をしていきます。

廃車を高く評価してもらう為には、車としてではなく「価値のある部分だけを評価してもらう」と言うことが必須となります。
一般的な業者はあくまでも車として販売出来ることが重要になってしまいますが、廃車専門業者の場合は「パーツ単体で販売する」と言う方法をとっていることで、全体として見た場合には価値が無くともしっかりと価値を見出すことが出来る訳です。

現状で最も確実な「事故車・故障車・修復歴あり車を高く売る方法」は、廃車専門の買取業者を利用するというものです。

例えば、テレビCMや雑誌広告などで良く目にしている買取業者、いわゆる大手の中古車買取業者の多くは、先に紹介しているような「車として販売すること」を目的としています。

一部、廃車状態の車(事故車・故障車・修復歴あり車など)に関しても取り扱いのある業者がありますが、メインとしているビジネスが違っていれば高額買取の可能性は低くなってしまいます。

しかし、廃車専門の買取業者の場合、事故車・故障車に対する評価方法が「車としてではなく部品・素材単体」になる為、仮に全損状態の車であってもしっかりと現金化できる可能性が高くなります。

一般的な買取業者で事故車・故障車の査定を依頼すると、「買取りは出来ないが引き取ることは出来る、もしくは廃車コストを負担してもらえれば引き取ることが出来る」と言った対応をされることがあります。

この状況で契約した場合、廃車をするための手続きは代行してもらうことが出来るというメリットはありますが、必ずしも金銭的に負担が解消されるという訳では無い為、場合によっては金銭的な負担が数倍に膨れ上がってしまう可能性もあることは覚えておきましょう。

しかし、廃車専門の買取業者であれば、その車を構成している「要素」に対して評価をすることが出来るため、事故車・故障車であっても非常に高額で買取ってもらうことが出来る様になります。

また、それとは別の部分で「修復歴あり車」に関する評価に関してですが、これをしっかりと覚えておかないと本来の価値の数十分の一以下の評価になってしまうことを回避することが出来ます。

そもそも「修復歴あり」となる状況とは、「車を構成しているメイン、フレームにまで修復が必要となる状況を経験している」というものが該当します。例えば、事故などでフロントバンパーを損傷して交換したとか、ドアパネル・トランク部分を修復したというだけでは修復歴には該当しません。

あくまでも「フレームに修復が及んだかどうか」が基準になる為、事故を起こして修復を経験していたとしても必ず「修復歴」となる訳では無いと言うことはしっかりと覚えておきましょう。

これは専門家であればしっかりと認識できていますが、一般ユーザーレベルでは勘違いしていることが多く、不要な値引きの原因になっていることが少なくありません。

修復歴を理由に不要な値引きをされてしまった場合、その判断が間違いであると言うことを指摘できる程度の知識を持ち、場合によっては契約を断るくらいのスタンスで交渉に臨むようにしましょう。