車査定

中古車買取りを利用する際、最も気になるのは「高く売れるのかどうか」と言うことでしょう。
場合によっては無償でも良いから引き取ってもらいたいと思うこともあるかもしれませんが、どうせならばしっかりと高く買取ってもらえた方が良いことは間違いありません。

そこで、まずは「中古車買取手続きにおすすめの時期」を紹介し、続いて「上手な中古車買取手続きの方法」について紹介していきます。

おすすめの時期と言っても、人によって「車を売りたいと思う時期は様々」です。
例えば、ボーナスなどを当てにして車を購入するのであれば、おおよそ購入予定時期の1か月ほど前くらいまでには買取業者探しを始める必要があります。

仮に1社だけで査定を受けて契約を決めてしまうという腹積もりなのであれば、購入時期の前日に査定を受けるという事でも問題ありません。
しかし、「高く売りたい」と思うのであれば、しっかりと業者選びに時間を掛けていくことが非常に大切なポイントになります。

中古車買取業者選びのポイントとなるのは、その業者が「どのような商品をメインとして取り扱っているのか」と言うことです。
例としては、「軽専門店にミニバンを査定してもらう場合と、軽専門店に軽を査定してもらう場合」では後者の方が良い結果に繋がる可能性が高くなります。
前者の方法であっても、必ずしも結果が悪くなると言う訳では無いのですが、期待度で比較すれば大きな差があることは間違いありません。

まずは「売ろうとしている車に合った買取業者を選び出す」と言うことを意識し、候補を複数挙げたうえで最良の選択が出来る様に準備していくようにしましょう。
その際、あらかじめ経験則や知識として判断要素がある人以外であれば、「出来る限り多くの業者を利用して査定を受け、結果を見て比較する」と言う方法をとった方が賢明です。

その際、一括査定を利用する方法が近年非常に注目されていますが、時間的・労力的なメリットを無視しても良いというのであれば、敢えて一括査定を利用する必要はないでしょう。

要は「比較要素を多く準備する」と言うことが重要になる為、自分で見つけ出した候補先に個別申し込みをしても結果に大きな違いはありません。

ただし、一括査定を利用するだけでも高額買取の可能性が高まるというメリットもあるので、可能であれば一括査定を利用した方が手続きを簡略化することが出来ます。このサービスでは申し込めない買取業者のみに個別申し込みをするという方法がおすすめです。

上手な中古車買取手続きの時期・方法とは、先にも紹介している通り「一括査定を利用する」という手続き方法です。

一括査定を利用するメリットはすでに紹介している通りなのですが、このサービス(一括査定)を通した申し込みに関しては、申し込みを受けた中古車買取業者側で「一括査定から申し込まれた」と言うことを察知することが出来ます。

つまり、「他の買取業者にも査定依頼をしている」と言うことが如実になってしまうため、必然的に査定結果を良くせざるを得ないと言うことに繋がってきます。

なぜそういった状況が起こるのかと言うと、それは「他社よりも査定結果が悪ければ自社と契約してもらえる可能性が極めて低くなってしまう」と言うことがはっきりとしているからです。

もちろん、具体的な金額が一番高くは無くとも契約することはあります。
査定中の対応が非常に良かったとか、その他の部分で好感を持ったなどの理由で「金額は二の次にしても契約したい」と思うこともありますが、可能性の問題で言えば提示した査定結果が良いものであった方が可能性が高くなることは必定です。

一括査定を利用し複数の中古車買取業者に査定依頼をし、ベース価格をアップさせた状態を作り出しつつ「任意に選択した他の中古車買取業者にも査定依頼をする」という手続きのプロセスを意識しておくと、最終的な車の評価に非常に大きな差が生まれやすくなります。

一括査定を利用することでまとめて査定依頼をすることが出来ますが、それぞれの査定を別の時期(日時)で依頼することが多くなります。仮に10社に査定依頼をし、それぞれを別の日に査定依頼した場合は、最低でも10日間の時間が必要になります。

実際には連日査定を受けられることはそうそうあり得ない為、1か月以上の時間が必要になることが多くなります。

つまり、中古車買取に向けた手続きにおすすめの時期となるのは、少なくとも1か月以上前かは始めた方が良いという結論に至る訳です。

その分の時間を逆算し、自分自身の状況を加味してプランニングしていくと非常に効率良く勧めていくことが出来る様になります。

ただし、一つの裏ワザとして「一括査定を利用して全社同時に査定してもらう」と言う方法もオススメです。

何も全ての査定を個別に時期を変えて依頼しなければいけないという訳では無い為、全てを同じ時期(日時)に依頼することも可能です。

その結果、全ての査定を完了させるまでの時間を短縮しつつ、「競合力を高めて結果を良くする」という効果も得ることが出来ます。