車査定

自動車の処分方法には「下取り」「買取り」「個人売買」があります。主に利用されているのは下取りまたは買取りです。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、まずはその違いを知る必要があるでしょう。

まず下取りは、新車ディーラー、中古車ディーラー、自動車販売店が行っています。その販売店で自動車を新規で購入することを条件に、今まで乗っていた自動車を買い取ってもらい、買取代金を購入代金に充てる方法です。

つまり自動車の買い替えが前提であり、買い替えをする販売店でしか下取りをしてもらうことができません。買取代金は購入代金に充てられるため、現金での取り引きは不可能です。

買い替えを検討している人にとっては購入と処分が同時にできるので手間がないというのが利点でしょう。また、ディーラーとの取り引きなら大きなトラブルは発生しないので安全に利用することができます。

買取りは、中古車ディーラー、自動車販売店、中古車買取業者が行っています。今まで乗っていた自動車を手放す目的なので、新規で自動車を購入する必要はありません。中古車買取業者は買い取りの専業ですが、ディーラーや販売店は原則として販売する店舗なので、店舗によって買い取りの有無が異なります。

現金取引きなので、買取代金の用途は自由です。もちろん、自動車の購入代金に充てても構いませんが、買い替えを検討している人にとっては購入と処分を別に行う必要があるので少々手間がかかるでしょう。

いずれにしても売却するという点では同じですが、買い替えか処分のみかというシステムに違いがあり、また、査定額にも違いがあると言われています。

下取りをしてもらう場合は自動車を新規購入する販売店しか利用できないので査定額を比較することができませんが、買い取ってもらう場合はどこの業者でも利用できるので査定額を比較することができます。そのため、複数社を比較できるかできないかという違いも存在します。

それを踏まえて、買い替えを検討している人は下取りを利用するケースが多くなっていますが、より高値で売りたいと思う方は買取りを利用しています。こうした違いはあっても、どちらがいいとは一概には言えないので、自分にとって一番いい方法を考えてみましょう。

決断しかねる場合は複数社に査定額の見積りを出してもらってから考えるのもおすすめです。差額が分かれば決断もしやすくなるのではないでしょうか。
手間をとるか金額を取るかは利用者次第です。

一般的には下取りよりも買取りのほうが高額査定が期待できるという違いが指摘されていますが、最近では下取りも負けてないとも言われています。
また、同じ下取りでも販売店によって査定額に違いはあるので、購入するメーカーや車種が決まっている場合はディーラーや販売店ごとに比較をしてみるのもいいでしょう。

さらに3月や9月などの決算のタイミングで手放せば、キャンペーンで下取り額のアップが期待できるとされています。

ただ、どうしても損はしたくない、一番高く売却したいというのならやはり買取りがいいでしょう。

買取業者は数多く存在し、それぞれ買取強化しているメーカーや車種が異なります。そのため、同じ条件に自動車でも買取業者によって数万円~数十万円ほどの違いが生じてくるとされているので、損得が大きくなるのが特徴です。

そこで、インターネット査定で比較をしてみるのがおすすめです。

ネット査定は買取りのみのサービスで下取りでは行っていません。専用のメールフォームに必要項目を記入して送信すると、メールまたは電話で査定額を教えてくれるという便利なサービスです。業者まで出向く必要がなく、自宅にいながら比較ができるのも魅力のひとつでしょう。

また、一括査定サイトを利用することで一度に複数社に依頼することができるので手間もかかりません。

ちなみに、買取りでは廃車にするような状態が悪い自動車でも買い取ってもらうことができます。
一般的に10年・10万Kmで廃車とされていますが、十分に動くなら中古車として海外へ輸出する価値がありますし、廃棄するにしても使えるパーツに金額を付けることが可能です。

さて、下取りにしても買取りにしても、手放すタイミングが重要です。
例えば、車検の残存期間が迫っている時に手放せば次回の車検費用を削減することができますし、自動車保険の更新時に手放せば保険の切り替えに手間がない、もしくは保険料の削減に繋げることも可能です。
また、季節の違いによっても買取額に違いがあり、一例ですがオープンカーは冬に売るよりも夏に売った方が高く売却することができるでしょう。

先述したように決算のタイミングもありますし、ちょっとした工夫で高値がつきます。
ただ、年式や走行距離への影響が大きいため、季節を待って1年後に売ろうと考えて年をまたぐと年式が落ちてしまいますし、走行距離も伸びてしまうでしょう。

すると逆に損をしてしまう可能性もあるので売りたいと思ったタイミングで手放すのが一番いいタイミングなのかもしれません。